YKS手法ご活用事例






経済産業省 様

弊所が参加した経済産業省研究会の報告書が経済産業省のホームページに掲載されています。
平成20年度産業技術調査報告書「LinkIcon技術評価による資金調達円滑化調査研究
 約7千の中小企業を対象データ分析した結果、「特許情報を活用した技術力評価」、すなわちYKS手法による特許価値評価が、中小企業の将来の成長性と倒産可能性の予測の先行指標になりうることを明らかにしています。今後、金融機関等による中小企業の技術力を積極的に評価しようとする動きにYKS手法による評価が寄与することを期待される内容となっています。

平成20年度産業技術調査報告書「LinkIconコーポレートベンチャリングに関する調査研究
 民間企業における研究開発投資が収益力の強化に結びつかない状況や、技術資産が社内で未活用のままであるなどの状況が指摘され、MOT(技術経営)の強化が求められています。本報告書では、MOTのPDCAサイクルの「C:check(点検)」のための指標(ベンチマーク)の開発と分析を行っています。このなかで、技術資産である特許の質的評価指標としてYKS手法が取り入れられています。その結果技術資産価値の「見える化」に寄与する指標として一定の評価を受けています。


日本銀行 様

日本銀行様ホームページに、弊所特許価値評価手法を用いた論文が掲載されています。
LinkIcon無形資産を考慮した企業のデフォルト率の推計」(金融機構局 土屋宰貴様、西岡慎一様)。
 本稿では、企業の信用評価の一指標であるデフォルト率を取り上げ、これとYK値を代表とする企業の技術力との関連について論じています。その結果無形資産である技術力がデフォルト率に関与していることが定量的に示され、財務情報のみを用いた推計より高精度の推計が可能であるとの結論に至りました。


日本銀行様が発行するレポートに弊所手法を用いた検証結果が掲載されています。
LinkIcon金融システムレポート」(全文24,25頁、要旨9頁)
 ベンチャー等の創業期の企業に対して投融資を行う場面において、事業の成長性やリスクを見極めることが必要ですが、有形資産のみでこれを行うことは難しいものとなっています。そこでYKS手法を代表とする方法で技術力などの無形資産を加えて企業の収益力を評価するという試みを行っています。その結果企業の技術力は、将来の企業成長率やデフォルト率に対し有意な説明力を有するという結論を得られています。


東京証券取引所 様

東京証券取引所のホームページにて、YK値を用いて選定したテーマ銘柄が公表されています。
 東京証券取引所から日本経済応援プロジェクトの一環として、LinkIconYK値(企業特許評価指標)を用いて選定したテーマ銘柄が公表されています。


日本経済新聞社 様

YKS Mapが更新されました。
YKS Mapが2016年5月に更新されました。YKS Mapは、工藤一郎国際特許事務所が独自に開発した
特許・技術情報に基づくYKS技術業種分類を用いて作成した業界地図です。
「YKS技術業種分類」の小分類単位毎に企業の友好関係、敵対関係をマップとして示す ものです。
各マップでは特許から見た技術競争力を示すYK値を用いてベスト10の企業(メイン企業)と
これらの企業と競争・協力関係にある企業(サブ企業)が登場します。


日本経済新聞電子版に掲載されました。
日本経済新聞 電子版に「「強い特許」持つ企業は 100分野でみる競争力 新・産業創世記」が掲載されました。
LinkIcon日本経済新聞 電子版からご覧ください。

日本経済新聞出版社 様

日経会社情報 2015年新春号に掲載されました。
「「強い特許」が株価を動かす」と題して、隠れた実力企業はどこか、最新のランキングを分析しています。


日経会社情報 2015年秋号に掲載されました。
「特許力を投資に活かす」と題して新春号に続き、特許力を投資に活かせる注目企業を分析しています。


アーンスト・アンド・ヤング社 様

YK値を用いた論文が掲載されました。
 YK値を用いた論文「LinkIconJapanese patent index and stock performance」(青山学院大学大学院 小林孝雄教授、三井住友信託銀行株式会社 岩永安浩様、野村アセットマネジメント株式会社 工藤秀明様)が英誌「The Journal of Financial Perspectives」に掲載されています。(雑誌ページでp.151~p162部分)
 本稿では、アメリカで提唱された特許価値評価指標ではなく、日本独自の指標としてYKS手法を用いた評価指標を取り上げています。その上で、企業のパフォーマンスと当該指標で示される技術的競争力との関連を明らかにしています。具体的には、当該指標が株価をどのように予測することができるかを論じています。それによると、1)特許価値評価指標、2)研究開発投資、3)1)と2)の両方を用いて株価予測のシミュレーションを行い、その結果3)が最も予測力が高かったとしており、ベストなパフォーマンスを見せた結果では年間平均リターンが11.5%にも上りました。


講演会・セミナー資料

JAFEEで講演を行いました
 「YKS手法を用いた特許価値加重ウェイトポートフォリオの分析」(スパークス・アセット・マネジメント株式会社 水田孝信様、弊所工藤、弊所小林)との演題で第32回冬季日本金融・証券計量・工学学会大会にて講演を行いました。学会誌に掲載されたLinkIcon講演資料はこちら。本稿では、特許価値で加重されたポートフォリオマネジメントを提案しました。このポートフォリオは時価総額加重のポートフォリオに対して年率6.1%と有意にアウトパフォームしています。多くの投資家はYK 値で加重されたポートフォリオがオーバーウエイトしている業種が、貴重な特許を持っていることを織り込んでいないと考えられ、このことが有意にアウトパフォームしてきた要因であると考えられます。
 さらに同趣旨の内容で、工藤一郎国際特許事務所にてYKSセミナーを開催いたしました。セミナーに使用したLinkIcon資料はこちら